最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?

解決法を確認

交通事故の解決には、種々のものがあります。
けれども、刑事事件となれば、自動車保険もさることながら、警察の担当となるため、最終的には、裁判所が決めることになります。
事故の状況によっては、通常の市民生活に影響が出てしまうことは、言うまでもないでしょう。
けれども、民事上となった交通事故においては、ほとんどが示談で解決するようです。
これは、当事者同士の話し合いで決められることで、どちらがどれだけ悪く、なおかつ、どれだけのお金を払うのかを決めることです。
通常、文書化し、それにサインをすることで、示談成立となります。
心配であれば、公証役場などで示談のサインをすることで、認証されたことになります。
しかし、示談でも解決しないということであれば、調停という手段があります。
これは、労働争議などでも使われていますが、裁判所が設置している調停制度のことです。
裁判所の担当者が間に入り、裁判所内で当事者同士の話し合いで解決しようというものです。
日本独自の制度のようで、示談と異なる点は、第三者の介入により、冷静な話し合いを行うことができ、解決の糸口を見つけられやすくすることでしょう。
けれども、これでも解決しなければ、裁判になります。
裁判になれば、弁護士などに依頼する必要があり、コスト負担も大きくなります。
可能ならば、そういうことを避けたいというのが、当事者においても、一般的なようにも思います。
なお、自動車保険の中でも、上記に解決方法をサポートしてくれるサービスがあります。
加入時に、確認しておくことも、大事になるでしょう。
Copyright (C)2017最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?.All rights reserved.