最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?

過失を理解する

交通事故の場合、相手のいる事故でもあり、過失が重要になります。
もっとも、交通事故の中には、人に対してばかりでなく、物に対してのものもあるため、その場合、過失は自分に帰せられます。
しかし、人が関わっている場合、特に車対車であれば、過失が重要になります。
まず、過失とは、通常であれば避けられることを注意を怠ったために、避けられなかったということです。
交通事故であれば、引き起こさなくもいいものを不注意で引き起こしてしまったということです。
さらに、自動車保険においては、過失があり、それを相手と割り振り、自分の過失分のみ、保険金が下りるようになっています。
これは、過失割合と過失相殺と呼んでいます。
過失割合は、通常、9対1などのように数値化されています。
また、過失相殺は、その数値にも現れ、たとえ9割であれば、1割は相手にあるため、1割を支払わない、つまり、相手と分け合っているということでしょう。
こうして、自動車保険の保険金が決まることになり、保険会社は、事前に過失割合などを決めています。
基本的には、それに基づいて、保険金が下りるようになっています。
しかし、交通事故は、個々別々で異なります。
このため、事前に決めていたことが、実際のことに、そのまま当てはまるとは限りません。
状況によって、異なってしまうこともあるため、その点については、注意が必要でしょう。
いずれにせよ、交通事故の場合、過失がキーワードになることは、確かです。
Copyright (C)2017最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?.All rights reserved.