最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?

次に警察への連絡

事故などが起きれば、まず最初に対応するのが、警察になります。
法律的な問題が起きれば、警察が調査をし、刑事か民事かを判断し、刑事となれば、本格的な捜査となります。
このため、どんな些細なことでも、警察に連絡することが大切です。
もちろん、交通事故であってもそうです。
仮に、人身事故はなく、電柱に衝突しただけ、という場合でも、器物を損壊している可能性もあるため、警察へ連絡するべきです。
また、道路沿いの住宅にぶつかった、あるいは、怪我がないとしても、人とぶつかった、という場合でも、警察への連絡が大事なようです。
これは、冒頭にもつながることですが、たとえ自宅で、看護をしていた人が罹患している病気が原因で死亡したとしても、まずは警察へ連絡することになります。
その後、病院などへ遺体を搬送し、医師の死亡確認が必要となります。
何か法律に関わるような事故などがあれば、警察の調べが必要であることが、日本の法律などで求められていることのようです。
しっかり念頭に入れておくことが大事でしょう。
もちろん、自分が引き起こしてしまった時ばかりでなく、引き起こされた時でも、警察への連絡が重要です。
加害者がわからない時は、なおさら、警察への連絡が重要になります。
なお、交通事故が起きた時、人の救護が重要になり、その後、警察への連絡となります。
けれども、交通事故などが起きた時のために、自動車保険があり、様々な窓口などが用意されています。
そのため、窓口に相談することも、加入している自動車保険の使い方と言っても良いでしょう。

注目度がUPしている自動車保険関連情報。このホムペを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?.All rights reserved.