最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?

まずは人の救護

交通事故を起こした時、まず最初に大事なことは、人の状態を確認することでしょう。
自分についてもそうですが、事故を起こしてしまった相手を気遣うことが、重要であると言えます。
可能ならば、救護をし、応急処置をすることも、大切です。
ただし、気を付けるべき点は、怪我の状況などによっては、動かさないでいる方が安全な場合もあります。
仮に分からないのであれば、救急車を呼ぶことも大事であり、それは状況によって、異なるでしょう。
そうは言っても、第一は、人の救護であり、これが最優先となります。
また、交通事故が起きた場所によっては、二次被害が起きる可能性があります。
見通しの良い場所であれば、問題がないケースもあるでしょうが、カードなどであれば、後続車が気づかない可能性もあります。
それを防ぐためにも、事故が起きた場所であることを知らせるようにすることが、大切です。
自動車には、緊急の際の赤いポールなどがあります。
通常、修理が必要な場合に、緊急停車した時になど、ポールを立てるようになります。
もちろん、交通事故で利用できるため、こういうポールを使用することが、重要です。
こうは言っても、どんなにベテラン・ドライバーでも、交通事故を起こせば、あわててしまうこともあるでしょう。
そういう時に、自動車保険のサービス窓口などがあります。
窓口の連絡先などを忘れないようにし、困った場合は、そういう窓口に連絡するようにしましょう。
Copyright (C)2017最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?.All rights reserved.