最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?

自動車保険の概要

自動車を所有すれば、それだけ必須のものがあります。
たとえば、自動車税を支払ったり、あるいは、駐車場も確保する必要があります。
これは、自動車が税制上贅沢品であることと同時に、車を常時停める場所がなければ、車を所有することができないからです。
また、自動車を所有するのであれば、自動車保険に加入する必要があります。
そんな自動車保険には、大きく2つの種類があります。
一つは、強制保険であり、自賠責保険となっています。
対人賠償のみであり、人身事故を引き起こせば、適用されるものです。
ドライバーに義務付けられた目的は、被害者が泣き寝入りをしないようにとのことで、基本的に、違法行為を犯した加害者であっても、自賠責保険の補償金が、相手に支払われるようになっています。
しかし、強制であるとはいえ、自賠責保険は、人に対してのみの保険であり、なおかつ、補償金にも限度があります。
そこで、任意の自動車保険で、足りない保障を補うようになっています。
たとえば、任意保険には、限度額のない対人賠償保険があります。
無制限であるため、保険料が高めとなっていますが、それでも、もしもの時に安心感があります。
また、交通事故では、器物を損壊してしまうケースもあります。
これは、道路に設置されたものばかりでなく、近隣の住宅、あるいは、相手の車も含まれます。
自賠責保険では対象外であるため、任意の対物賠償保険に加入し、対人賠償保険とともに、無制限にしている人もいるようです。
これらのほかにも、自分の車に対する保険である車両保険、あるいは、同乗者を保障する搭乗者傷害保険などもあります。
なお、人身事故を引き起こした際、まず最初に自賠責保険が適用されます。
それで不足している場合に、任意の対人賠償保険が充当されます。
無制限の任意保険に加入しているだけで、十分ということにはならないようです。
Copyright (C)2017最低限準備しておきたい☆自動車保険の保障はどれだけ?.All rights reserved.